FC2ブログ
夫は仕事の付き合いで韓国、中国、アラブ、アフリカなどの国々の知り合いがいます。
時々その方たちから食べ方もわからない食料品やお菓子などをいただくことが
あります。添えられた説明書もそれぞれ、韓国語、中国語、アラブ語などで
読めなくて、わけのわからないものは冷蔵庫へ入れたままになってしまうことも
しばしばです。

そんな夫が昨晩知り合いの中国人の方から「プレゼント」をいただいてきました。

「亀ゼリー」と箱に書いてあり、開けてみるとゼリーが6個入っていました。

こわごわ開けてみると

DSC05850 (640x427) 

チョコレート色したゼリーが6つあります。
添付の甘いシロップを水で薄めてかけて食べるように説明書が入っていました

「亀」と聞いただけでなんだか食べつけないもので「変な匂いがしないか」
と不安でした。
食べる前にネットで調べてみたら

これが何といろいろな効用がある漢方由来のゼリーでした。

「果物と一緒に」と書いてあったので

DSC05851 (640x427) 

家にあったバナナをカットしてゼリーと合わせ甘いシロップをかけてみました。

別に無臭でちょっと酸っぱいゼリーです。

ネットの説明によれば

香港、中国で古くから愛されているもの。ゼラチンではなく亀の甲羅のコラーゲンと
土茯苓(どぶくりょう)仙草、天草などの漢方で固めたゼリーでその効能は

① 美肌効果 ②夏バテ予防 ③便秘 ④風邪の予防
と至れり尽くせりの食べ物だそうです。

美肌効果」・・と来ればあとに残った4個はすべて私がいただくことにしました

さて、どれくらい美肌効果があるか楽しみです!

ちなみに日本ではネットで検索すると

亀ゼリー 

缶詰で手に入れることが出きるようです。

12/08|料理コメント(8)TOP↑
おばあちゃんの原宿と言われている巣鴨と駒込をあるきました。
皇居の回りを20,000歩、歩いた健脚グループと一緒です。

巣鴨駅に集合11名で歩きました。
旅人の安全を祈願して建てられた六地蔵、

DSC01809 (640x481) 

中山道を歩く旅人の休憩所に設けられた庚申塚
など多くの寺院や神社などがそこかしこに点在して居ます。
昔の人は何と信仰深かったのだろうと実感しました。

DSC01803 (480x640) 

何といっても一番有名なのは とげぬき地蔵でしょう。
私も大きな手術を控えていた時友人がこのとげぬき地蔵の護符を
くださり、「飲みこみなさい。手術がきっとうまくいくから」
といわれたので半信半疑ながら思い切って飲みこみました。
ご利益があったのかどうなのか、あれから30年余りたち現在元気に
過ごしているのですから、信ずるものは救われる・・・ですね。

上の写真は境内に立つ通称「洗い観音」であらゆる病気を
治癒させる力があるとされる奇跡の観音様です。柄杓でお水をかけて
丁寧に持ってきたハンカチなどで御身を洗っている参拝客がいました。

DSC01806 (640x484) 

私たちが歩き始めた10時過ぎはまだあまり人も出ていませんでしたが、
ここがかの有名な巣鴨地蔵通り商店街です。

DSC01805 (640x480) 

おばあちゃんたちが元気になるような用品を所狭しと並べているお店がたくさんありました。
巣鴨名物「幸福を呼ぶ赤パンツ」専門の店もありました。
今回お土産にと買い求めた友人もいました。

DSC01804 (640x480) 

さかさまになっていますが、値札に注目してください。100円ショップも真っ青の
なんと58円で手袋がありました。

引っ越しで手袋をどこにしまったのか、寒くなるというのに私は現在一つも手袋が
ありません
値段に嬉しくなって秋色のこの手袋をゲット!つられて4名の友人がそれぞれ
色違いを買い求めました。

そのあと四谷怪談のヒロインお岩さまの墓所のある妙行寺、明暦の大火の供養塔、
遠山金四郎影元のお墓がある本妙寺を回り

都立の広大な染井霊園にいきました。
高村光太郎・千恵子、二葉亭四迷、巌本真理などのお墓がありました

DSC01847 (640x480)   

近くに染井稲荷神社があり、土地の造園士たちが幕末から明治にかけて生産したのが
現在日本各地の桜の名所になっている「ソメイヨシノ」ということでした。
きれいに紅葉した桜の葉っぱを記念の栞にしようと持ち帰りました。

駒込のフレンチレストラン ル・リュタンでゆっくり昼食をとり
最後の見学場所 六義園に。

DSC04928 (640x424)
2017年4月
DSC01830 (640x480)

昨年の春この枝垂れ桜をみにきましたが、いまは寒空のもとひっそりと枝をひろげていました

DSC01846 (640x480) 

徳川五代将軍綱吉の側用人柳沢吉保が自らの下屋敷とした庭園。
明治初年に葉三菱財閥の岩崎彌太郎が購入し、昭和13年には東京市に寄贈され
今では特別名勝に指定され見事に整備されています。

DSC01833 (640x480) 
緑の木々の間に紅葉した木々が配置され落ち着きます。

DSC01844 (640x480) 

今年は異常気象だったのでしょうかつつじが狂い咲きして居ました。

DSC01840 (640x480) 

紫式部も紫いろの実をたくさんつけて季節をうかがわせます。

六義園を出るとすぐに駒込駅で今日の散策は家を出てから帰るまでで
15,000歩でした。

案内してくださる学友は下見も丁寧にして行程表、説明書、地図
までも添付で送ってくださるので予備学習もきちんとして
何倍も楽しめます。

次回はどこに案内してくださるのでしょうか・・・・ 



12/02|コメント(10)TOP↑

季節が進み今朝の気温は今年最低とか・・・
でも、昼間の日差しに誘われ、茅ヶ崎にある県立里山公園に
出かけました。

KIMG0415 (640x360) 

遠くの山にかかる白い雲・・・秋色満載です。

KIMG0416 (640x359) 

ススキの穂もゆらゆら
画面真ん中の青いものは家庭用の簡易テント。
お弁当持ち込みで家族でくつろいで居ました。

KIMG0384 (640x360) 
下のほうに下りてみるとせせらぎが・・・
魚はいないようでしたが、親子で網をもって 何か見つけたのでしょうか

KIMG0413 (640x360) 

大きなトランポリン
子供たちは飛んだり跳ねたり、滑ったり
そういえば今高校生になった孫が3歳ぐらいの時に連れてきてこのトランポリン
で遊んだっけ・・・

KIMG0407 (360x640) 

なが~いローラー滑り台がありました。次々と滑ってきます

KIMG0410 (637x358) 

ためらっていた夫に「やってみたら?」と声をかけたら嬉しそうに上から滑ってきました。
大人だけで滑っている人は他には見かけませんでしたが・・・
本人は大満足。こんなうれしそうな笑顔めったに見られません
ただしかなりお尻が痛かったようで、「今度来る時には下に敷く段ボールをもってこよう」
ですって!!


11/23|コメント(10)TOP↑
 
半年に一度通っている主治医の先生から「好きなことをやって
笑っていると免疫力がアップしていいんですよ!」といわれているので
今の私は「ありとキリギリス」の話の全くキリギリス状態です。

ギターを中心にウクレレ、ピアノと7つのグループでそれぞれ音楽を楽しんでいます

どうしたことかこの2週間のうちにその中の5つのグループの発表の機会が
集中しました。3日に一度の割合で人さまの前で演奏をしてきました。

DSC05847 (640x427) 
その一つが、去年結成したハワイアンバンド「ホノルル娘」です。
スチールギター 1、ウクレレ 4、ギター 1、ベース 1の7人のバンドです。

高校時代の同級生プラス男性2の編成ですからまぎれもない後期高齢者バンド!
月一の練習で先週の木曜日これまた同級生の観客8名を集めて友人宅で
初ライブを行いました。
前日から友人宅に泊まりこみ夕食後も23時まで確認の練習に励み
無事に当日を迎えました。

DSC05846 (640x427)

自分たちで作った衣装におそろいの白いレイをかけて2部に分けて17曲
よく歌いました。私は度胸がいいとおだてられMCも務めました

たくさんの拍手をいただきました。

音楽というのは演奏する側から考えるとたくさん練習して本番に臨み
聴いてくださる聴衆がいてそこで初めて音楽が完成すると思えるのです。
とても緊張しますが、その緊張が思わない効果をもたらし、
最高の演奏が生まれることもあります。

これはここ何回かの続いた演奏の場で何度も味わいました。
先週のドビュッシーの「アラベスク」のピアノ連弾もまるで
神が降りてきてくれたかのように(ちょっと大げさ!)練習を上回る
演奏になりました。

DSC05845 (640x427) 

持ち帰る際に残念ながらひびが入ってしまいましたが、聴きにきてくださった友人の
お嬢さんがこの日のためにみんなにこんなかわいいクッキーを焼いてくれました。

まさに芸術の秋。 家のことは少々手抜きして、明日も楽器をもって出かけます。







11/18|ギターコメント(10)TOP↑
 DSC05795 (640x427) 

ピアノの連弾をがっちりと練習しようと友人の軽井沢の別荘に2泊3日で出かけました。
新幹線で東京駅から1時間。信濃電鉄に乗り換え降り立ったのは中軽井沢駅。

もう若くはないので食材をスーパーで買った後は迷わずタクシーで別荘まで。

軽井沢町はしばらく天候不順で私たちが到着した日は「やっと落ち着いたんです。
今日は浅間山も全体がみえているしね・・・」とタクシーの運転手さんが言ってました。
なるほど晴れてよく見えてます。ラッキー!

気温がぐっと低いと聞いていたので、薄手のダウンを一重のコートの下に着こみ
マフラーも用意して居ましたが、おひさまがのぞき、ダウンもマフラーも外しました。

今回は3人の小人数だったので食事の支度もあとかたずけもス~イスイ。
もちろん気温は10度ぐらいだったので各部屋ストーブやオイルヒーターで温め
夕食前にみっちり1時間練習に励みました。もう一人の彼女はフルートの自主練。
そのあと持ってきた歌の楽譜で順番に伴奏をしながら「この野原いっぱい」
「ビリーブ」など美声(?)で思いっきり歌って三人でストレス発散

せっかくなので二日目は地元の一日乗り降り自由なフリーパスで「鬼押し出し」へ。
小学校の頃、学校のキャンプ場からバスで遊びに行って以来。
鬼押し出しって実は軽井沢でなく群馬県にあるんですね。バスの運転手さんは
ガイドもしてくれました。

DSC05798 (640x427)

雲がちょっとかかりましたが浅間山の全景が拝めました。

DSC05801 (640x427) 

大噴火により直径5メートルを超えるほどの巨岩が噴出され鬼押し出しができたと聞いています
現在ある山の上五分の一ぐらい吹っ飛んだそうです。

DSC05803 (640x427) 

山の神様を鎮めるために60年ほど前、上野寛永寺野別院として浅間嶽観音堂ができました。

DSC05809 (640x404) 

岩の間を縫って道ができていて小高い丘の上に観音堂はありましたDSC05814 (640x387) 

ここまで資材を運んだり大変な仕事だったと思います

DSC05817 (640x427) 

回廊をぐるっと回れ、360度見渡せます。画面左手に葉は北アルプスの山々もうっすらと見えて
思わず深呼吸をしてしまう開放感あふれた場所でした

DSC05818 (640x427) 

面白い形の岩もたくさんありこれはその一つ「
そういわれてみると左側にあるのが長い 鼻のように見えます

DSC05821 (640x427)


ドウダンつつじが真っ盛り。 

DSC05822 (640x427)

岩にへばりついていた白い花。残念ながら名前がわかりません

DSC05830 (640x427) 

路線バスを待って星野ワールドへ。
台風の影響も少なく木々がきれいに紅葉して居ました。

DSC05833 (640x427) 

せせらぎも脇を流れていて

DSC05831 (640x427) 

こんな赤い実がなって居ました。星野の中の村民食堂で信濃サーモン丼をいただきました。

別荘に戻ってからもう一度ピアノの練習をして夜は世話なしに 豚しゃぶお鍋

夜の更けるのも忘れて子供時代の疎開の話(私以外の二人は戦争中に
疎開の経験があります)やら、学校時代の先生の思い出話(中学3年生の時の
級友です)ストーブの炎を見ながら静かに夜が更けていきました。

出かけたのは鬼押し出しと星野ワールドだけ。
のんびりと時間が流れた旅でした。




 

10/29|コメント(12)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード