6,7年ぶりに夫が誘われて平塚沖に釣りに行きました。
もう釣りはやらないといっていたので、釣り具一式をこの夏に
処分したところでした。
仕事関係の方からのお誘いで、ともかくクーラーボックスと
私が4時半起きして作った4個のおむすび、ジャスミンティー
をもって「キスをつってくるから楽しみにしていてね」と出かけていきました。

昼過ぎに「ほうぼう1匹の釣果なり。夕飯のおかずはなし」という短いメッセージ
がスマホに届きました。

夕方持ち帰ったクーラーボックスを開けてみたら、24,5cmのほうぼうが2匹。
袋からとりだしたら、ピチピチはねています!
どうしたらいいかわからず、ともかく生きているんだからと
洗い桶に水を張って魚を放り入れました。
DSC05263 (640x413) 
そうだ、海水の濃度に・・・と突然思って塩を入れてこわごわ眺めていました。
いつになっても元気でこれから先どうしたらいいか見当もつきません。
生きているお魚を手でいじったこともないし・・・

とりあえずネットで調べてみたら、煮つけるといいと載って居ました。

待てどくらせど魚はちっとも静かにならず泳いでいます。

「そうだ!」と思い立ち、ギタークラブの釣り好きの友人に電話をかけて
「これこれしかじかなの。どのくらい待てば魚が静かになるの?」

「思い切って頭を落としたら静かになるよ。そのくらいの大きさなら
刺身にしてもあまり食べるところはとれないから
鱗を取って煮つけてごらん・・」と丁寧におしえてくれました。

それでも動いているほうぼうをつかむのが怖くて、「釣ってきたんだから
あなたが責任もって頭をおとしてください!」と夫に頼み
普段料理などしたこともない夫がそれでも男らしく出刃包丁で
ザクリと頭をおとしてくれました。

そこからはとりあえず動かないので鱗をおとし、内臓をきれいにして
ごぼうと一緒に煮つけました。
DSC05267 (640x427) 
ここで2度びっくり。頭を落としたほうぼうが煮汁に入れたとたん、またピクリと
はねたのです。どこまで生きがいいんでしょう。

DSC05270 (640x427) 
盛り付けがいまいちですが、「ほうぼうの煮つけ」の出来上がりです。

11/05|料理コメント(13)TOP↑
けさ、我が家の斜め前の家庭菜園にいつものご主人の姿がありました。
夫を送りに行って帰り、車を駐車場に入れたところへ
手に一束のにらをもって畑の主のご主人が我が家の玄関へ・・・

DSC05067 (640x427) 

それがこれです。

半月ほど前にもこれの3倍量のにらをいただきましたが、その時の味が忘れられず
「うれしい! ごちそうさまです」と思わず両手で受け取りました。

畑から直ですから新鮮この上ありません。

でも、痛んだ葉をお掃除すると3分の2ほどに減ってしまいます。
すっかり悪い葉を取り除きビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

これが、スーパーで買い求める「にら」とは大違い。
味もさることながら冷蔵庫で10日間経ってもあのどろどろになる葉など
一枚もありません。
いつまでも新鮮で、ニラたま、餃子の具、炒め物、ほうれん草と一緒にお浸しと大活躍。
夫が苦手なのでお味噌汁の実にはできません。

さぁ、今晩の献立は「レバニラ炒め」にきめました!
06/29|料理コメント(10)TOP↑
毎年今頃になるとスーパーマーケットの野菜売り場に直径1~1.5cmの
「むかご」が並びます。
大好きなのでさっそく購入して「むかごご飯」を作りました。

DSC04780 (640x417) 

白だしで味付けをして少しこわめに炊きました。

ひとしおの鯖を焼いてたっぷりの大根おろしを添えました。
お皿からはみ出そうに大きな切り身でした。
包丁を入れてもう少し見栄えよく盛り付ければよかった・・・・

小皿はいただき物の「はやとうり」のピクルスです。

小鉢はちくわ、ニンジン、筍、こんにゃくの炊き合わせ

大ぶりのお椀にはたっぷりのけんちん汁。

この季節、おいしい食材もいっぱい出回り、食欲も上々・・・
献立が次々と浮かんできます。

11/18|料理コメント(13)TOP↑
 DSC04599 (640x427) 

今年の夏、知り合いから珍しいものをいただきました。
「ウナギ茶漬け」です。

以前京都で「ウナギのぶぶ漬け」を食べて、今までと一味違うお茶づけにすっかりはまり
錦市場に寄ってウナギ茶漬けを買ってきてしばらく楽しみました。

今年久しぶりにいただき、正統派でお茶漬け(出汁づけ)を作ってみましたが、
夫は「・・・・」だったので、「よし私が残りは一人でいただこうっと!」

DSC04600 (640x427)

暑い日の昼ご飯はさっぱりとしたそうめんに限りますね。
でも、みょうが、青じそ、しょうがの薬味だけでいただくそうめんは
あまりにもさっぱりしすぎで物足りません。

そこで

今日の昼ご飯は「ウナギそうめん」
茹でて冷水でしっかり冷やしたそうめんを食べやすいように
指に巻いて一口で入る分量を丸めていきます。
トッピングは、きゅうり、みょうが、青じそを細く細く切ったもの
にウナギ(かなり濃い目に炊いてあります)を贅沢に乗せて・・・

「う~ん、こってりとしておなかもちもいいし、最高!」
ウナギは山椒の実とともに炊いてあるので、時々
ピリッときて胃を刺激するし・・・いうことなしです。
08/16|料理コメント(12)TOP↑
DSC04593 (640x419) 

今年も我が家の斜め前の畑を家庭菜園にしている通称「畑のおじさん」(これは私と夫の
ひそかな呼び名です!)からたくさん夏野菜をいただきました。
この写真に乗り切らなかった日本ねぎの大束もあります。

DSC04595 (640x427)

今年は珍しいベビーコーンをいただき、さっそく夕食の食卓の乗せました。
トウモロコシの若いもの・・・?それともこういう種類の
コーンなのかわかりません。

ネットで調べると居酒屋で定番の簡単「焼きコーン」が出てきました。
皮をはいでいき、薄皮2,3枚程度残して縦割りにします。
この時「ひげ」を取り除いてはいけません。
若い「ひげ」が美味だそうです。

厚手のフライパンに薄くオリーブオイルをひき縦割りにしたコーンを並べます
ハーブソルトをお好みで振りかけます。

薄皮に焦げ目がつくほど焼いたら裏返してあと1分程度ふたをして焼きます。

DSC04594 (640x399) 
カメラマンの腕があまりよくないので「食べたい!」と思っていただけないかもしれません

右にまとめてあるのがひげを食べやすく包丁を入れたものです。
ともかく一番外側のくろこげの皮は外して、薄皮も一緒に食べられます。
ビールのおつまみには最高。
夫は食べながら「まだあるの?  明日もつくってね」とリクエスト。

何といっても収穫したばかりの野菜は信じられないほど柔らかくおいしいものです

お化けきゅーりも薄く切って塩でもみ、ベビーホタテとともに酢味噌をかけて
もう1品出来上がり。

しばらくの間新鮮な野菜で毎日の食卓が豊かになりそうです


 


07/18|料理コメント(14)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード