先日外出先から帰り、夕食の支度まで時間がなかったので
外出着のままいました。

夫が仕事から帰り食卓に着くや、
「あれ!どうしたの?そんなキラキラっぽいブラウスで・・・・!」

その時私は襟がひらひらと4重ぐらいの花びらのようになっている
ちょっと光沢のある赤いブラウスを着ていたのです。



12月はクリスマスということで、クリスマスソングの需要があり
今週だけで3回もギターの演奏の場があるのです。
その日も地元の老人ホームのお楽しみ会ということで
午前、午後と2ステージも1時間ずつの演奏がありました。

「Merry, Christmas!   へい!」などと観客の方々を巻き込んで
赤い衣装にサンタの帽子(100キンで買ったもの)をかぶって
クリスマス曲中心に1時間の楽しい集いで演奏をしました。

いつも2か月に1回回っているおなじみのホームですが、
とても面白い名物おばあちゃんがいるのです。
30分ぐらいたつと、私たちの前にずいっと現れ、
4拍子の曲に合わせて、踊りだします。炭坑節の踊りなのですが、
クリスマスソングであれ、ロシア民謡であれ、演歌であれ、童謡であれ、
うまく4拍子に合わせて右から左と踊り続けます。
これはもう特技です。いつものことなのでみんな大爆笑。

そんな楽しいステージをこなして家に帰るともう日没もすぎ、
気もそぞろに台所に立ちます。

それで主人の驚きのコメントになったわけです。
普段は何ということもない家着でいる私が、真っ赤な派手なブラウスでいたので
きっとびっくりしたのでしょう。

明日は小学校からの友人11名でホームコンサートです。

演奏はリコーダー、フルート、オルガン、ギターの4重奏。
主に、バッハ、ヘンデル、などバロック曲中心にジブリの曲や
鈴かけの径なども併せて演奏します。
プログラムも手作りで、本当は私たち4人組の演奏を聴くのは
名目で、毎年この季節に集まりおいしいものを食べて楽しくおしゃべりを
する会です。

コンサートが続く中
爪を傷つけないようにひたすら家事はゆっくりとやっています。

12/09|ギターコメント(14)TOP↑


  いつもギターアンサンブルで練習に使わせていただいている公民館の
夏休みの行事に今年も参加しました。

小学1年生から6年生までお料理や囲碁、合唱など興味を持ったサークルで
体験をして見ようという試みです。


いきなりギターを奏でるのは無理なので、タンバリン、クラベス、カウベル、マラカス
など打楽器を使って私たちの演奏と合わせて楽しもうということで募集しました。

DSC03706.jpg 
まず受付で名前と人物を確認するところから始めました。
やはり、現代っ子の名前は漢字を見ただけでは男女もわからないし、名前も
正確には発音できません。
落ち着いたところで机に並んだパーカッションの楽器を自由に手にして叩いて慣れて
もらいました。生徒7人に講師11人なんとも贅沢な体験教室です。

DSC03710.jpg 
後ろに並んでおそろいTシャツで演奏しているのが私たちのメンバー平均年齢多分70歳ぐらい(!)
まず優しい曲ということで♪証城寺の狸ばやしに合わせてそれぞれ違う楽器で、
打つところもそれぞれ1、3拍目や後うちと言って1拍目の裏で叩いたり。結構
難しい打ち方もすぐにマスターできました。
始めて40分ぐらいで休憩。

DSC03713.jpg
どうやら、メロディーも奏でられるギターやマンドリンにも興味を示し、
楽器を抱えて、弾いてご覧と言ったら、ほんの少ない時間でしたが、コツがわかったようです。

DSC03714.jpg
合奏には不向きな難しい打楽器に挑戦する子もいました。

DSC03717.jpg 
休憩後は用意した被り物も嫌がらずにかぶって仕上げの演奏です。
私たちの楽団のオープニングテーマ曲の、♪マイアミビーチルンバを弾きだすと
リズムに乗って楽しそうに体を揺すりながらそれぞれが打楽器を打ちました。

プライバシーの関係もあり、子供さんの表情をお見せできないのが残念です。
はじめ硬い表情で不安そうに楽器を手にしていた子供たちも
曲に合わせて演奏するうちに自信が出てきて、
仕上げの♪マイアミビーチルンバの頃にはニコニコ身体全体で音楽を表現して
ノリノリでした。

私たちメンバーもから元気を頂きリフレッシュできた半日でした。

08/05|ギターコメント(14)TOP↑
大和市の老人介護施設にボランティア演奏に行きました。

DSC03484 (640x427) 
フラダンスのグループとコラボしました。

DSC03482 (640x427) 
ハウオリ・プアのバンドのメンバーです。
おそろいのアロハは鎌倉の専門の生地屋さんで見つけ裁縫の達者なメンバーが
1,2日で縫い上げてくれました。世界でたった一つのオリジナルシャツです。
フラダンスの方たちはとてもカラフルな衣装が多いのでバックバンドとしては
「目立たずおしゃれに」

聴いてくださる方たちはかなりのお年で、日頃練習している純粋のハワイアンソングを
演奏し始めても、反応はいまいち。
拍手もおざなり。それが・・・・

3rdステージからはおなじみの日本の歌謡曲になると自然と手拍子が出てきたり
歌詞を口ずさんだり、変化が見られました。
♫愛して、愛して、愛しちゃったのよ~、やら ♫星影のワルツで表情も和らぎます。
♫ブルーライト横浜にはすごいリアクション。職員さんから伺うと、毎朝この曲に
合わせてみんなで体操をしているとのこと。椅子に座ったまま手を動かす人も
出てきました。
♫幸せなら手を叩こうは全員でアクション付。♫故郷を合唱するころには
涙さえ浮かべる人たちもいました。
 
いつも介護施設のボランティア演奏に伺うと、最初は興味のなさそうに
表情に乏しい方々がほとんどですが、ステージの終わりになると
バンドと観客の一体感も生まれ、皆のほほも上気してピンク色になります。
演奏冥利に尽きます。

音楽の持つ力は偉大ですね


06/03|ギターコメント(14)TOP↑
SN3F0093.jpg 
上遠野 忍 フラメンコギターコンサートに行きました。
騒々しくないフラメンコ・・・・というのも変かもしれないけれど、
優しい音色に癒されたひと時でした。

この写真で彼が弾いているのは11弦のリュートです。ネックが途中から
135度くらい曲がっているのわかりますか?
ヨーロッパの古い音楽(クラシック)も奏でてくれました。
小さなコンサート会場で一番前の席で聴けたので、指使いもよーく見てきましたけれど
参考にしようにもこちらの技術が追いつきません

長い黒髪を後ろでおだんごにまとめていて、名前は確かに日本人そのものですが、
「日本語しゃべれるんだぁ」と思ったお客さんもいたとか・・・確かにに黙ってギターを弾いていると
「うん?どこからきた人かしら?」という雰囲気はありますよね。

02/06|ギターコメント(12)TOP↑
先月、再び学生時代のギター仲間30名で清里に集いました。
一番若手で65歳、最高が70歳という超元気な軍団です。

前日深夜に到着した(ETC土、日割引のため)にもかかわらず
早朝から美しの森に出かけ、八ヶ岳を見ながら高原の涼しい空気を
深呼吸。
IMG_2195.jpg

戻って朝食、食休みもなくリハーサル。午後の本番のころには
疲れ果てて・・・でも何とか演奏を終えました。
IMG_2198.jpg

今年は、地元の北杜高校のギター部とのジョイントに加え
昨年、スペインのコンクールで東洋人として初めて優勝の
栄冠に輝いた沖仁君が参加してくれました。
IMG_2204.jpg

彼は35歳、フラメンコダンサーのかわいい奥様と二人の小さなお子様と一緒に
家族で参加してくれて、目の前で生の演奏を聴くことができました
とても気さくな方で、みな「仁君」「仁君」と一緒に写真を撮ってもらったり
すっかり彼のファンになってしまいました。

夜遅くまで2次会でのギター弾き語りやおしゃべりを楽しみ
翌朝起きてみたらば、また今年も清里は霧雨・・・・
IMG_2208.jpg

どこにも出かけず、またまたギターを弾いて・・・・
好きなんですねぇ~!みんなギターが・・・





06/03|ギターコメント(6)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード