歯が浮くようなお世辞を言う」・・・よく使われる言葉ですが、
実際にお世辞を言われて歯が浮いたことはありません

ところが

先日、朝起きたら突然「歯が浮いて」朝食のトーストさえも噛めないくらい
奥歯に異変が起きました。
噛めないどころか、あごがどうなったのか、口を大きく開けることさえできないのです。



やっとのことで、口を小さく開け柔らかいものをゆっくり噛んでどうにか朝食を
済ませました。


奥歯からほほの骨まで痛みを感じて、「これはもしかしたら
悪い病気ではないか?」と本気で心配になりました。


実は
前日から肩から首にかけてパンパンになって居ました。
ギターとウクレレの練習が重なり、おまけにPCでの作業が続き
肩が凝っていたのです。

原因は肩こりかもしれないと思い、肩こりはいつものことなので、筋肉をほぐすジェルを塗り
肩をまわしたり、もんだり
自分流の手当をしていくうちに凝りも収まり奥歯の浮いた状態も直ってきました

そして、後日

そのこと、つまり「歯が浮いたこと」を友人に話したところ
「歯が浮くってどんなこと?」って返されて
そちらのほうが???
歯が浮いたことがない人もいるのかなぁ・・・びっくりでした。
浮いたことがない人にどんな状態か説明するのも難しい。

そして

その「歯が浮いたことがない人がいる」ということを夫に話したら

くってどういうこと?」

何と夫もまた「歯が浮いたことがない人」だったのです!

世の中幸せな人もいるものですねぇ!

ちなみに夫は肩がこることさえない人。だから、あまりの凝りに
「すみませんが、ちょっと肩をもんでくれませんか?」とお願いして
やってもらうのですが、その下手なこと。

私の肩こり性は治ることはありませんが、重症化する前に
きちんと解消しなければならないと、思った「歯が浮く」事件でした。


09/27|日々雑感コメント(13)TOP↑
ここのところの残暑も何とか乗り切っています。

来月には後期高齢者の仲間入りという私ですが、ここのところ
人生初めてのこと(ちょっと大げさ!)を体験して暑さなんか感じている
場合ではないのです。

その1

私の趣味の一つに読書がありますが、結構作家は片寄っています。
ほとんどが女性作家のものなのですが、男性では宮本輝、とか、たまに重松清
を好んで読みます。それが・・・
新聞の書面の新刊広告でそのタイトルを見て地元図書館にリクエストをかけてみました。

「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎著 幻冬舎

2日と経たずに図書館から「届きましたよ」と知らせが入り
さっそく読み始めました。1971年生まれというのですから
私の息子世代です。
はじめ、なんだか文体になじめず、ぐずぐずと読み進めていきました。

ところが出会った一つの表現で思わず笑ってしまい、それから一気に
ページが進みました。

「・・・ぼく、相変わらずソロ活動中・・・」これは音楽の活動でなく
ただ単に久しぶりに会った友人に「まだ結婚もしてないし、特に付き合っている
女の子もいない・・一人もの」という意味なんです。

若い作家の本も嫌わず、たまには呼んでみるもんだと思いました。


その2

ひょんなことから、絶版になった本を取り寄せることになりました。
そうです、ハワイアンバンド、ホノルル娘で演奏するハワイアンの曲集
です。アマゾンで出ているというのでこわごわネット検索して
自宅に取り寄せました。手続きは慎重にやりました。
思ったほど難しくなくあっという間にポストに現物が届きました。
私にとってネットショッピング初体験です。
絶版になった本はそれなりに価値があるらしく、送料は無料でしたが、
出版当時の価格よりも値上がりしていました。古本が新品より
高くなるんですねぇ~

勢いに乗って
友人のためにウクレレに着ける形のマイクロフォンも取り寄せました。
まぁ、ネットショッピングにはまることはないと思いますが、
必要に応じて使えるようになってうれしいです


その3

スマホデビュー ここのところ出会った友達がいかにも便利そうに
スマホを使っていました。夫からも早く私もスマホに機種変更して
自分に教えてほしいとせがまれていました。夫はとてもがつく機械音痴で
仕事でスマホにかかわることをはじめたのに、肝心の本人が
使いこなせていないのです。

思い立ち、開店すぐのすいているショップに立ち寄り無事夫と同じ機種の
スマホを手に入れました。店員さんは料金やらなにやらいろいろと説明はしてくれますが
一向に使用法は説明がありません。もらった取説も薄っぺら。

家に帰りさて、9月初旬の旅行までに通話、メールくらいは自分のものにしなくちゃ
とあちらをいじりこちらをいじり、設定、パスワードの決定、
と何度も試行錯誤を繰り返し、やっとナビウオーク、とラインまでも設定できました!
あら不思議・・・・何もしないのにずっと連絡をとっていなかった宝塚に住むいとこや
小学校の友達とラインで、つながり、久々にトークを楽しみました

なるほど、パソコンを開けて立ち上げるのに比べ何と簡易なのでしょう。
25日に初めて手にしたスマホ、もちろん通話、メール、SMS,ライン
それに写真撮影、それをEメール添付もやってみました。

「インターネットは家でするからスマホの必要はない」と長いことと思っていましたが、
あまりに便利なのに、新しいおもちゃをもらった子供みたいに熱中しています。
孫といるときに「バァバ、スマホやらないで!」といわれています。




08/30|日々雑感コメント(12)TOP↑
DSC05065 (640x423) 

毎年6月の初旬 長女の誕生日ごろには、店先に枇杷がぼつぼつと並び始めます。

初物の枇杷を見かけると買って帰り、お仏壇のなき姑に供えます。

長女を出産した時1歳8か月の長男を同居の舅、姑にあずけていました。
二人目の出産で産後の肥立ちもよく心配なのは家に残した長男のことだけ・・・

そんなある日のこと、午後からの面会時間に長男をおんぶして汗をふきふき姑が
見舞いに来てくれました。その時持ってきてくださったのが「びわ」だったのです。
きれいに洗ってあったので、ナイフもいらず皮をむいてさっそくいただきました。
その甘かったこと。

長男の出産の時には(10月1日)出初めの大きな栗を茹でて冷めないようにタオルで
ぐるっとくるんで持ってきてくださいました。

食い意地の張って居る私は出産の時にこうやって運んできてもらった初物を忘れることが
できません。

もう40年以上も昔の思い出なのですが、こうやって当時の嬉しさを忘れず
枇杷を見ると買い求めてしまいます。
普段はあまり仏壇に向かわない夫ですが、今年は枇杷にまつわる話を
したら、神妙な顔で手を合わせていました。



06/19|日々雑感コメント(14)TOP↑
相変わらず一日も休まず傷口の消毒とガーゼ交換に外科に通っています。
相変わらず思いっきりのいい治療で、ヒイヒイ言っている毎日です。

ところが・・
DSC04862 (393x640) 

外科の待合室にそれは見事な胡蝶蘭がずらっと並んでいるんです。

DSC04863 (427x640) 

白いのもあれば、

DSC04864 (392x640) 
ちょっと渋いのも

DSC04866 (403x640) 

繊細な縦じま模様のや

DSC04867 (412x640)

DSC04868 (426x640) 

DSC04870 (405x640) 

DSC04869 (427x640) 

DSC04872 (640x427) 

窓際にも幾鉢も

DSC04874 (402x640) 

ちょっと素敵な色合いのも。

全部外科の院長の奥様が丹精されているのだそうです。
実はこの奥様、私が35年前に自動車の教習所通いをした時の
教習友達です 。

久しぶりに今日は受け付けをしてらして、教習生時代の
思い出話に花が咲きました。35年たっても、お互いに連れ合いは運転免許証
を持たないので現役で運転頑張っていることがわかりました。

恐怖の治療もこんな美しい胡蝶蘭を眺められて少しは癒されます

03/17|日々雑感コメント(8)TOP↑
DSC04860 (640x427) 

左手

DSC04861 (640x427) 

右手

のっけからお見苦しい老人の手で申し訳ありません。
さっき外科から戻りました。

昨年は一度もけがをしないで外科にかからなかったのを自慢していましたが、
ついにこのありさまです。

どうしたのかって・・・?

両方の手のしかも親指がこんなことになるなんて・・・

左手は数日前から爪のわきがささくれになって痛いなと思っていたら昨日から
そこが1cmほど白く腫れてきてずきずき痛み、どうやら黴菌が入って
化膿したようです。

みぎての親指の平はなぜか黒いすじがありどうやらとげが刺さっているようで
触れると痛いのです。

昨日は給湯器の具合が悪く一日職人さんが来ていたので、思い立って
20年近く手をかけていなかった工具箱の整理をしたのです
錆びた釘やもろもろ、底のほうまできれいにするのに、つい面倒で素手で
やってしまったのです。その結果がこういうことです。

一晩痛い痛い状態だったので今朝外科に行きました。

「これはひどい!」と先生。

「爪のわきをを切って膿を出さなくちゃ、はいベッドに寝て」

麻酔も何もしないで急にメスでえぐられました。
痛いのなんのって、野戦病院でもあるまいし、麻酔ぐらいして
くれればいいのに。
手はがっちりと抑えられているので、身動きが取れず、おなかにぐっと力を入れて
出産の時の痛みを思いだしました。
何度か激痛が走り、最後に看護師さんが「あと、ガーゼを埋めますからね」
と極め付きの激痛!

椅子に座らされ消毒、ガーゼ、そして包帯。
最初の写真の状態になりました。

次に「とげを抜きます」

と、これは座ったまま又してもピンセットで右親指のとげをえぐります。
もちろん麻酔なし。

右手も同じように包帯ぐるぐるで

「両手じゃぁしょうがないね。どうする・・・・」と
先生は冷たく言い放ち。「ともかく、ぬらさないようにね。
痛み止め、化膿どめ、止血剤を出しましょう」

今は痛み止めが効いているのか、先ほどの激痛を味わったので
ほとんど痛みを感じません。

「しばらく様子を見て、おさまらないようだったら、
今度は麻酔をして親指の爪を全部とるよ。」

外科の医者というのは思いっきりのいい性格なのでしょうか…

「麻酔も注射はけっこう痛いからね。これぐらいなら麻酔はしないよ。」
とのことでした。

親指が使えないのは結構不自由です。
ものをつまむことができません。人差し指と中指でつまむのは
簡単なようでなかなか難しい・・・
家に帰ってさっそくボタン止め&チャックのパンツはやめて
ゴムのスポーツウエアに履き替えました。

今晩の夕食はあと片付けの水仕事もできないし外食かなぁ・・・ 
ナサケナイ

03/11|日々雑感コメント(14)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード