日本橋三越そばの三井記念美術館で「宝石のきらめき★カップ&ソーサー
という展覧会が開かれていて、桜の咲き始めた一日出かけてみました。

DSC03245 (640x427)
今回友人がスケジュールを立ててくれたのですっかりお任せ。
東京駅八重洲口から無料のシャトルバスが出ていました。
地下まで降りないで、外の景色を見ながらそれも無料で現地まで行けるのです。
メトロリンク日本橋」と名付けられたバス路線で地下鉄の駅ごとに
止まります。横浜市内を走る「赤い靴号」も便利ですが1回100円です。
日本橋はなんて太っ腹な街なんでしょう。

topics1c0eae8a590a5fe705d5824b4afa7451.jpg 
ネットから画像をお借りしました。
すごいでしょう?ロイヤルウースター社の作品で上絵金彩ジュール透彫カップ&ソーサー
です。これにコーヒーを入れたらどうなる???なんて野暮なことは言わないのです。
私の大好きなブルーグリーンの透かし彫りのものです。

今回の特別展は東京在住の鈴木康裕・登美子夫妻が40年にわたり趣味で集めた
デミタスカップです。 デミタスは食後に濃い味わいのコーヒーを飲むための、フランス語で
半分のカップを意味する小ぶりの器です。
約300点余りのほんとに小さくて、直径わずか3,4cm高さも5cm足らず。
どれを見てもまるでおままごとのカップのようでした。

DSC03240 (640x427) 
マイセンのものです。ソーサーの裏側部分にまで花が飾り付けられていてとてもかわいい
ものでした。

DSC03238 (640x427) 
コールポート社の果実があしらわれたもの。

DSC03239 (640x427) 
ミントン製女神と天使が描かれています。

このように宝石のように輝く小さな小さなカップ&ソーサーがずらりと展示されていて、
平日でもあり、女性客がほとんどでした。どうしても感激のあまり「すご~い!」とか
「かわいい!」とか口走り、展示室に控えている係りの人に「小さいお声でお話しください」
と何度も注意されていました。
あまりに見事な品の数々で、「一つでも手元にあったら…」と思わないでもありませんが、
飾るのにふさわしい場所が我が家にはありません!

せっかく日本橋に来たのだからと街をぶらぶら。来るオリンピックを見据えて
東京の街はどこもここも工事が盛んにおこなわれ、変貌を遂げています。

三越でランチをしてすぐ隣の「コレド室町」へ。
女性が好むような台所用品名の店がたくさんあり
「面白いところへ案内するわ」と連れていかれたのが
DSC03244 (640x427) 
鰹節で有名なにんべんが開いているDASHI BAR
彼女が手にしているのはダブルサイズのカップで中にはこぶ入り出汁
が入っています。
私はシンプルなかつおだしの普通サイズカップ。100円です。
立ち飲みですが、テーブルには由緒正しきお醤油と塩が用意されていて、好みで
ちょっと味をつけていただけます。一緒におこげせんべいを頼み、
「ポリポリ・・・ずずー」と味わいました。
春とはいえ、ちょっと風は冷たく、暖かい、それも体に良い出汁は本当にしゃれています。

ランチとこのだし汁でおなかは満腹。「お茶はいいわね」とカット。
再び無料のシャトルバスで一路東京駅八重洲口へ。バスは20分に一度の
間隔で運行されています。便利ですね。

日々変貌を遂げる東京の街を訪ねるのもなかなか楽しいものです。

03/28|コメント(14)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード