自分ではどちらかというと高いところが苦手と思っていましたが、
今月に入って立て続けに高いところに登ってしまいました。

六本木ヒルズの森美術館(地上階より218m)にベトナム人アーティスト
ディン・Q・レ展を見に出かけました。ベトナム戦争終結から40年
ベトナム人から見たベトナム戦争を映像やリネンテープにプリントした
独特な絵で社会にアッピールしています。
DSC03789 (640x427) 
こんな派手な赤旗をいくつも飾りサイゴンの街を走り回る自転車も展示されていました。

DSC03790 (427x640) 
銃を持った少女。当時はいたるところで1市民がこのように兵士となり戦いました。

DSC03788 (427x640)


 
ビル自体が海抜250mもの高さがあり美術館はその最高部にあります
屋上のスカイデッキは小雨模様だったので封鎖されてしまい
ぐるっとガラスで囲まれた展望台から東京の街を
見下ろしました。

DSC03794 (640x427)


DSC03795 (640x427) 
ちょっと雨に煙ってしまいましたが、東京タワーも手のひらに乗せて・・・・

「あら、私、高い場所平気だった・・・」

その二日後今度は快晴の横浜山下公園に行きました。
かつて英国の船会社の代理店で船客係をしていた3人娘です。

昔務めていたオフィスのすぐそばにマリンタワーがあるのですが、
3人とも眺めたことはあるけれど上まで行ってなかったので
いい機会と1年ぶりの再会の場所をここに決めました。
DSC03797 (640x427) 
みなとみらい線を日本大通りで降りて、山下公園を散策。
空の青さに氷川丸も美しい船体を見せていました。

タワーのレストランがあくまでしばし山下公園のベンチでぺちゃくちゃ・・・・
DSC03803 (640x427) 
公園もきれいに整備され花壇の向こうにはホテルニューグランドとこれから上る
マリンタワーが見えて・・・・
DSC03815 (427x640) 
DSC03812 (640x427) 
タワーの中に入ると時節柄ハロウィーンのこんなかわいい装飾が見られました。
4階の港の風景を望むコンチネンタルレストランでゆっくりランチを楽しみ
いざエレベーターで展望台へ。

これが、このエレベーターは周りが鉄柵のみで囲まれていて、上に行くに従い
だんだんと鉄柵が狭くなり四方から押しつぶされるかのような錯覚に
陥る構造で…結構恐怖を感じました。
高さは106mですから六本木の森ビルに比べたら半分以下です。


それでも一巡りすると私たちにはおなじみの横浜の街が一望できました。
DSC03806 (640x427) 
氷川丸を上から


DSC03805 (640x427) 
大桟橋の向こうにみなとみらいの高層ビル群が見えます
DSC03808 (640x427) 
ベイブリッジ手前の倉庫群の中に夫のオフィスがあります。この日もここで仕事をして
いたはずです。


タワーから降りてすぐ近くのホテルニューグランドで「シティーガール」時代の
昔話に花を咲かせ、陽も暮れてきたので、またまた近くの日本そば屋さんで
夕食まで済ませ、それでもおしゃべりは尽きませんでした。


六本木に出かけた日に私は帰り近くに、左足の親指をしたたかコンクリートにぶつけて
爪の色が青黒く変色してしまいました。
この日はたまたま無理をしておしゃれな靴を履いていたので痛くて、
たくさんは歩けない状況でした。
お願いして半径300mという行動範囲で8時間もの長丁場を過ごしました。
1年に1,2回しか会う機会がないのでため込んだ話がつぎつぎと湧き出て、家に帰ったら
すっかり夜でした。



10/10|コメント(16)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード