DSC03997 (427x640) 
友達に誘われて、湯河原町立美術館に日本画の平松礼二展を見に出かけました。
JR湯河原駅前の観光案内所に寄り、美術展の後寄る場所を相談したら、
美術展の割引入場券をいただけました。ラッキー!

DSC04007 (640x426) 
美術館のショップで買った絵葉書です。平松礼二は 鎌倉在住ですが湯河原と縁があり
この町立美術館に常設館が設けられています。多分湯河原にある幕山の梅をイメージ
した作品だと思います。

DSC04008 (640x426) 
もう1枚とても気に入った絵です。平成12年から22年まで10年間「文芸春秋」の表紙絵担当して
いたので、思い出される方もあるでしょう。どの作品も繊細かつ鮮やかな色彩で
現代日本画を堪能できました。

平松画伯はモネが愛したジャポニズムを検証するため、パリの郊外にあるモネの庭園を
四季折々訪ね、睡蓮を描き続けました。その縁でモネ財団から友情の証として「モネ
池の睡蓮の株」を譲られ、この美術館の庭の池で育成されています。
DSC03979 (640x427) 
今は季節でないので冬枯れた池になっていますが、夏になると鱧緑に茂るようです。

DSC03981 (640x427) 

美術館を出て、川沿いに20分ばかり上るとお目当ての不動の滝に出ます。
川のほとりにも秋が…
DSC03991 (427x640) 
山道をたどり不動の滝へ。
夏目漱石の最後の小説≪明暗≫にこの不動の滝を散歩する
場面があるとのことです。漱石自身も湯河原の温泉旅館に
逗留して、療養と執筆活動をしたとかかれています。
雨模様の空で午後早い時間にも関わらず
あたりは夕方のような雰囲気です。マイナスイオンを胸いっぱい吸い込んで
また元の道へ戻ります。川は山の勾配に沿って流れているので
勢いもあり、すごい水音でした。

DSC03993 (427x640) 
達磨の滝と呼ばれている滝です。ちょうど達磨さんが座っている頭めがけて
滝が流れ落ちています

DSC03996 (427x640) 
川にせり出した格好のカキの木があり、収穫もされずに真っ赤な実が鈴なり。


20分ほど歩いて、万葉公園につく頃は雨も本降りになり、とうとうコンビニで
傘を買う羽目になりました。

万葉公園の入り口には万葉集の句碑が建っていました。

DSC03998 (404x640) 


DSC04000 (640x427) 
雨に濡れて、川沿いの道はしっとりとして、まさに秋の風情満点でした。

DSC04002 (640x427) 
登り道をたどると静かな秋がそこにありました。

DSC04003 (640x427) 
湯河原は比較的暖かなので紅葉の見ごろは12月に入ってとのことでしたが、
ほんの一部、赤い葉っぱも見られました。

DSC04004 (640x427)
万葉公園の一番奥には「独歩の湯」という足湯の場が設けられていました。
湯河原を愛した文人の一人に国木田独歩がありその名にちなんで「独歩の湯」
と名付けられたそうです。足湯で体の血液を巡らせ
一人で歩けるようにと「独歩」にかけているのでしょう

雨も降っていたし、すぐに足湯に入れる服装でなかったので
この日は足湯の効果は確かめられませんでした。

万葉公園からは20分ほどバスに揺られ湯河原駅へ。
この日は9、800歩歩きましたが、山坂がきつかったので
結構歩いたという実感がありました。




11/27|コメント(12)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード