生誕300年を記念して東京都美術館で開かれている
伊藤若冲展を見たくて、
ローソンで前売りチケットを購入(シニア券で当日売り1,000円を800円に
割引)わくわく当日を待っていました。

ちょうど船会社の勤め先でなかよくなって50年近くお付き合いのある友人
3人と久しぶりに会う約束をしました。

どうやら開期も余すところわずかになり、TVで何度もその盛況ぶりが
報道されたせいもあって、連日長蛇の列との情報が飛び交っていました。

「朝の8時から並べば、9:30開館で入場できるかもよ」と東京在住の
友人情報に、「6時に家を出て、8時から並びそして大混雑の展覧会を見る
体力はないわ・・・」と判断。銀座に出て、静かな和食の店でランチ、
おしゃべり、レトロな喫茶店でコーヒータイムを過ごして夕方美術展に行こう
という予定にしました。


DSC04435 (640x427) 

ところが3時過ぎに現地に到着してみたらこの行列です。

DSC04436 (640x427) 
5:30まで開催しているとしても、「炎天下2時間待ちじゃぁ、かなわない」
と発想を転換して今回の入場は見合わせることに。
そこですぐに「どうしよう、この前売りチケット3枚?」

素早く当日券売り場の列に近づき、シニア間違いなしという方を見つけ
「私たちこの行列では諦めて見ないことにしました。よかったらチケット
前売りで安くなっているので使ってていただけますか?」と呼びかけ
すぐに3枚のチケットを3人の方に買っていただけました。
200円割引でおまけに並んでチケットを買わなくて済むので逆に感謝されました。

でも、なんだか「ダフ屋」をしているみたいで心臓はバクバク。
買値の800円で譲ったので
悪いことはしていないんだけれど・・・


初めての体験に列からはなれ3人で大笑い。

DSC04437 (640x427) 
噴水広場のわきの木陰のベンチに座り、「待望の若冲の絵には会えなかったけれどまた
きっと開かれるわよね」とまたしばらくおしゃべりタイム。DSC04441 (640x393)

浮いた時間を上野界隈散策に切り替えました。
国の重要文化財になっている旧因幡藩池田家の上屋敷正門だった「黒門」を見て

DSC04445 (640x427) 

東京芸大の前を通り

DSC04446 (640x427) 
昭和初期の香りのする町上野桜木町へ向かいました。

DSC04447 (640x427) 
レトロな建物が喫茶店になってここも人でいっぱい

DSC04448 (640x427) 

この一角は昭和初期の建物が3軒まだ残っていて大人も子供も楽しめる
地域の人たちの憩いの場所になっています。

DSC04449 (640x427) 
ビアホールあり、

DSC04451 (640x427) 
オリーブオイルと塩の店あり、外国の旅行者もたくさん訪れていました。

DSC04450 (427x640) 
奥がパン屋さん。ちょうど家の角には懐かしい手漕ぎの井戸
(ガチャガチャポンプ)もあり子供時代に帰れる家並みでした。


再び上野公園のほうに戻り、これも古くからある上野精養軒で夕食に。


DSC04454 (640x427) 
席を待つ間、店に飾られた昔の上野の様子を描いた版画を楽しみ
ゆっくりと夕食タイム。



DSC04455 (640x427) 
おなかがいっぱいになって上野駅に向かう途中、ライトアップされた
清水観音堂とその前にある「月の松」に出会い感激。
歌川広重の代表作の一つの「名所江戸百景」に出てくるこのぐるぐると巻いて
いる松が150年ぶりに復活されたものです。
ブロ友のmonalisaさんに教えていただいた実物を見ることができて
思わず「ナイトモード」に切り替えたカメラでパチリ。

銀座和光で11:00に待ち合わせてから別れるまで8時間半、途切れることなく
熟女3人のおしゃべりは続き、「若冲展」は幻に終わってしまったけれど
楽しい一日になりました。



本日の歩数計、家を出てから9,124歩なり。ちょっと疲れました




05/22|コメント(16)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード