久々の旅行研究会出身の友が率いる4人組の旅です。
1泊で愛知県犬山市明治村を旅しました。

梅雨期の始まる前にと名古屋駅に集合。
慌てて乗った犬山方面行きの名鉄,いつまでたっても
犬山に到着しません。「へんねぇ~」とつぶやいたら、
若い女性が、「違う方向に来ていますよ。」
とんだ大失敗。もう一度名古屋に戻り、同じホームで
行き先が「岐阜行き」と「犬山行き」が交互に来ることに気づき
大笑い。ホームの表示の「犬山方面」にすっかり思い込んでいましたが、
「岐阜」という文字も含まれていました。

それでも別名「白帝城」と呼ばれる国宝犬山城見学の時間に間に合いました。
DSC03485.jpg 
まず赤い鳥居の三光稲荷を通り抜け
DSC03488.jpg

DSC03489.jpg 
国宝犬山城に到着

DSC03491.jpg
天守閣の下まで行きましたが、足に自信のない二人は天守閣に登るのをやめて
下から見物。山の上に建てられたお城なので見晴らし抜群だったそうです。

ホテルに戻ると国宝の茶室がある「有楽苑」を散策

DSC03492.jpg 
まだ若緑の木々が清々しい
DSC03495.jpg 
国宝茶室「如庵」に隣接する茶房でお薄をいただきました。

夕食 
夕食はホテルの展望レストランでフランス懐石。ところが・・・
次の予定の「鵜飼」の出発の時間が迫り、食後のコーヒーもそこそこに
集合場所に。
DSC03510.jpg 
夕日が沈みいよいよ期待の木曽川鵜飼の船に乗り込みました。
心配は的中。船底にござを敷いただけの屋根船でした。

DSC03513.jpg

なんとか足を投げ出し居場所を確保。ゆっくりと暮れていく木曽川をのぼり
DSC03514.jpg 
船頭さんが舵を取りながら暮れなずむ木曽川の説明をしてくれました。

DSC03517.jpg 
木曽川を挟んでこちらは犬山市そしてお向かいは岐阜市。その昔は山の上の犬山城は岐阜の方を睨んで
聳えていたそうです。犬山の民をしっかりと守ってくれるお城だったんですね。
DSC03526.jpg 
すっかりあたりは暮れて一緒に出発した鵜飼見物の船が目的地のを連れた船の周りに集まります
DSC03528.jpg 
鵜匠は綱の先に10羽近くの鵜を束ね、しばらくは流れながら時々餌をとった鵜を船に引き上げ
吐かせていましたが、こちらの船からはよくは見えません。
ある場所に来ると船が止まりマイクを片手に鵜匠が「これから名高い鵜の、のみ、はかせをご覧に入れます」
あらかじめ船に用意した生の鮎を3,4匹鵜に与えます。そして飲み込んだとたん首を捕まえ
見事に鮎を吐き出させます。
「あぁ、鵜呑み(ウノミ)にする」ってまさにここから来た言葉だと今更ながら納得しました。
でも、なんかせっかく口にした獲物をすぐに吐き出させられるなんて・・・と鵜に同情心が湧いたのは
私だけではないようでした。
かがり火の下で見た初めての鵜飼はとても印象的でした。

その2に続く
06/14|コメント(12)TOP↑
この記事にコメント
私は、まだ鵜飼は見に行ったことないんですが、
鵜呑みにする・・・ってそこからきたんですか!?
肝いらせですね。

いつもなら行くはずのikさんは、
天守閣まで行かなかったんですね。

そうそう、私の体重・・・理想値に近くなりましたよ。
やっぱり、10kg近く減ると体が確かに楽です。

バリのサンセットを見て以来、気になりますが
ikさんも旅行で素敵な夕焼けに出会えましたね。

それにしても「旅行研究会出身の友達」って便利(って言ったら叱られるかしら?)ですね。
これから先の予定も決まっているんでしょうね。




From: monalisa * 2015/06/15 00:45 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん
ikさん こんにちは。
あらぁ 旅行出だしからやっちゃいましたかv-407
”あるある”ですよね。4人もいるから誰かが気が付くはずなんですが、思い込みと安心感といいますか、おしゃべりに夢中だったりするんですよねぇ。
犬山城もご立派ですね。涼しげな茶房で戴いたお薄は美味しかったでしょうね。
久しぶりにお薄を点ててみたくなりました(ポットのお湯ですが(;^_^A

鵜飼見物って夜のショーなんですね(見た事ないです
鵜に同情心が湧いた、ikさんと同じように思います。
From: t-t * 2015/06/15 14:40 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは。

一日の間にお城見学、茶室でお薄、展望レストランでディナー、
〆に鵜飼い見学とは随分と盛りだくさんのご旅行でしたね。
愛知県には行ったことがなく(多分?)どれも珍しく拝見しました。
とくに夜の鵜飼ショーなんて…実際に見ることができるのですね。
胃カメラの苦手な私は、鵜に同情してしまいました~(^_^;)

From: あんある * 2015/06/15 21:06 * URL * [Edit] *  top↑
monslisaさん、

そうなの。旅研の友達を持つととても(便利)快適な旅をアレンジしてくれます。
だいたい気心も体調も知れているので、無理のない旅程を組んでくれます。
今回も名古屋駅に集合して(東京在住2名、あとは藤沢と三島)ランチの場所までチェックしてくれたのよ。
それが、つい話に夢中になり行き先を確かめず乗り込み1時間ほど無駄にしてしまいました。でも、その間おしゃべりできたので、この失敗もいい思い出になりました。

まぁ、旅にはハプニングがつきものだから楽しいのよね。

monalisaさんの体重減量法をご伝授願いたいです。マイナス10kgとはすごい!
From: ik * 2015/06/15 22:27 * URL * [Edit] *  top↑
t-tさん、

実は私も冷凍庫に眠ったままのお抹茶を思い出しました。いくらなんでも、もう香りも抜けていると思います。もっぱらこの節はハーゲンダッツの抹茶アイスを楽しんでます。

この4人組はいつも失敗や忘れ物もなく
スムーズな旅をするのですが・・・加齢のせいでしょうか・・・20歳の頃からの友人で「会える時にはあいましょうね」ということで1年に1回ぐらい旅行をしています。随分いろいろな場所に行きました。かけがえのない友達です。
From: ik * 2015/06/15 22:33 * URL * [Edit] *  top↑
あんあるさん、

鵜に胃カメラの発想素晴らしい!
噛まずに飲み込める鵜はえら~いわね。

長良川の鵜飼の方が有名ですが、今回犬山のホテルに泊まり鵜飼の船にも乗れるというので
意見が一致しました。中途半端になった食後のコーヒーが心残りですが・・・
考えたら本当にタイトなスケジュールでした。
実はこの船の後、ホテルのロビーで犬山祭りの
からくり人形(お茶を運んでUターンして戻る)の実演もあり、本当に盛り沢山でした。
From: ik * 2015/06/15 22:41 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん

梅雨時とは言え、素晴らしい旅行でしたネ!
旅行研究会出身のお友達がご一緒とは、有り難いですこと!
それにしても出発早々の電車の乗り違い!ホントやりかねませんよネ!つい先日の城ケ崎での出来事を思い出してしまいました。(笑)(^o^)
私もまだ残念ながら愛知方面は行ったことがありません、鵜飼見物良さそうですネ、
その2も楽しみにしています。
From: RN * 2015/06/16 08:32 * URL * [Edit] *  top↑
木曽川の夕暮れ、美しいですね!
犬山城って
素晴らしいところにそびえているんですね~v-405
天守閣から夕日が沈む瞬間を見たい!って思いました。

さぁ~いよいよ・・・
どんなショーが始まるのかワクワクしたでしょう。
篝火が水面に映るのを想像しただけで胸が高鳴りましたよ。

以前
TVで鵜飼のようすを見た時
ショーのために訓練された鵜なんだとわかっていても
(鳥といえども首をしめるなんて・・・)と
暗い気持ちになりました。
エサをたっぷりもらって
大切に管理されているんでしょうけどね~。
そう思っているくせに
一度は見に行きたいと考えている私です(^^ゞ
From: 冬のデコポン * 2015/06/16 10:41 * URL * [Edit] *  top↑
RNさん、

そうそう、運よくお天気の中の旅で本当にラッキーでした。日差しが強すぎることもなく、お天気は私たちに味方してくれました。

実は私はアユの塩焼きが好きで、今度の旅行も楽しみにしていました。「フランス懐石」と聞き無理かなぁと思いましたが、
それがちゃんとお箸もついてアユの塩焼きがアツアツで出てきて、感激。骨と頭だけ残してきれいに食べましたよ。
From: ik * 2015/06/16 19:51 * URL * [Edit] *  top↑
冬のデコポンさん、

寫眞で見ると犬山城ははるか山の上にそびえていますね。天守閣には登りませんでしたが、あんな場所まで行ったんだなぁと足をさすりながら思います。

鵜飼は一度は見てみたいと思っていました。一人の鵜匠が10本余りの綱の先に鵜を結えて、こんがらからないように水の中を泳がせる技は見事でした。

きっとお仕事の後にはたっぷり餌をもらうんでしょうね。それじゃぁなけれべ、鵜たちにしても、やる気が起きませんよね。
From: ik * 2015/06/16 19:56 * URL * [Edit] *  top↑
此の時期鮎は特別ね。趣味が釣りの旦那、今年はもう解禁なのに、出掛けない。お店で鮎を見ると食べたいと思っても我慢している。渓流で釣れる鮎は香りが違う、先日南米系の方々のボランティアに参加した。スペイン語なのでさらにわからない皆楽しそうにノリノリで笑っている。私だけ、一緒に笑えない。良い経験だった♪
From: 和太鼓 * 2015/06/17 04:53 * URL * [Edit] *  top↑
和太鼓さん、

いつもコメントありがとう。
お宅のご主人様、今年はどうしたのでしょう。アユが呼んでいるのにね。若いころにはあの特有のにおいが嫌だったのに、今では大好き。味覚も大人になれました。

From: ik * 2015/06/17 08:11 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード