DSC04175 (427x640) 
全長100mにも及ぶ村上隆の五百羅漢図が日本で初公開ということで
六本木の森美術館に行ってきました。
会場の入り口に等身大のこのフィギャーがあり、なんと4つの目がぐるぐると動き
表情もまるで生きているかのように変わります。
びっくりポン!

実は友達がこの展覧会の招待券が手に入ったからということで
「たまには六本木もいいか」ぐらいの考えでギターの仲間3人で繰り出しました。
何にも下調べもなく、村上隆がどんな人なのかもわからず出かけたのですから
びっくりすることだらけ。

会期が3月6日までということで平日にも関わらず切符の窓口は200人ほど並んでいたでしょうか
私たちは招待券を持っていたのですいすいとはいれました。

なんだ、なんだ若い人に人気のある現代美術家らしいわね・・・
こんなに人気があるとは存じませんでした!

DSC04178 (640x427) 
内部はこんな感じで撮影もOK。スマホを片手にパチパチと撮っている若者が大勢です
DSC04176 (427x640) 
何とも言えない世界にぼ~っとしながら進みます

DSC04183 (640x427) 
1962年生まれ、東京芸術大学日本画科を卒業したのですが、日本よりも海外で高い評価と支持を得て
今回の展覧会となったとのことです。そういえば、いろいろなところで日本画を学んだ
影響も感じられますが、ともかく驚くばかりの色彩です。

DSC04186 (640x427) 
これは達磨大師ということはわかります。ずいぶんとデフォルメされてはいますが。

DSC04195 (640x427) 
いよいよ五百羅漢図です。
DSC04197 (640x427) 
五百羅漢とは釈迦の教えを広めるために煩悩を滅し人々を救済するためこの世にとどまっている聖人
です。羅漢信仰は平安時代に日本へ伝えられたとされ、江戸時代以降には各地に彫像や絵画
が作られ全国規模の隆盛を見せました。

あちこちのお寺でも五百羅漢さまの石像を見ることができますね。
壁いっぱいに展示されていますが、100m全部を一挙に公開できず、期間中に
展示替えをしながら公開されているそうです。
DSC04205 (640x427) 
「荒城の月」と題したアクリル板の作品です。彼の中ではこれが「荒城の月」なんですね

DSC04206 (427x640) 
よく見ると「髑髏」が無数に描かれています

DSC04207 (640x427) 
一つ一つが結構ユーモラス二描かれています
数多くの作品のあちこちにこの髑髏は描かれていて、彼の独特の宗教観なのでしょうか

なんだか現代アートに度肝を抜かれたまま会場をあとにしました。
たまには普段触れたことのないアートを見ることも脳の活性化にはプラスになったでしょうか

六本木ヒルズ森タワー53F
森美術館 
2016年3月6日(日)まで
03/03|コメント(18)TOP↑
この記事にコメント
ikさんおはようございます。

ブログを開けたとたんにビックリ!!しました。
私も「村上隆」の名前だけは知っていましたが・・・凄い芸術家なのネ、素人には、なんと自由に、おおらかに、かつ大胆にそして繊細に描いているんだろうと思ってしまうわ!でも色使いがこまやかで綺麗ですネ、近くで見たら迫力満点でしょうね。山下清&ピカソを思い浮かべました!素晴らしい物を見せていただきありがとうございました。
From: RN * 2016/03/03 09:42 * URL * [Edit] *  top↑
想像もしなかった。世界。初めて出会った絵。個性的、色彩も素晴らしいv-40
From: 和太鼓 * 2016/03/03 16:05 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん こんにちは

まあ色んなところを良くご存じで、お出かけになりますね、
恥ずかしながら、絵画には疎いもので村上隆さんとやらは
全然知らなかったです。

凄い迫力と言うか、一種独特の羅漢像ですね、
髑髏の絵もなんとなくユーモラスに描かれていて
思わず笑みがこぼれそうです。

入口のフィギャーもまるで本物そっくりの作りのようですね、
今は亡くなった方のフィギャーを作って飾ってるのが流行ってるとか・・・
六本木までご苦労様でした。珍しい作品を有難うございました。
From: hg * 2016/03/03 16:08 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん
ikさん こんばんは。
わぁ すご~い展覧会ですね。
観たことの無い世界です(日本のピカソさんでしょうか?
入館早々からまさに「びっくりポン!」の雰囲気が、其々の画像からビンビン伝わってきます。
思いもよらない世界を初めて見せて頂きました。ありがとうございます。
From: t-t * 2016/03/03 18:19 * URL * [Edit] *  top↑
RNさん

村上隆の名前はご存じだったのね。
何といっても圧倒されました。

あれだけの大きな絵を制作するにはアシスタントも多く使ったみたいよ、

いくつになっても好奇心はもって知らないことにもアンテナを張っていきたいわ。
From: ik * 2016/03/03 21:26 * URL * [Edit] *  top↑
和太鼓さん、

お疲れ様でした。
思いがけない色彩にぼ~っとしちゃいました。あれだけ細密に描くにはすごく根気のいる作業でしょうね。
From: ik * 2016/03/03 21:31 * URL * [Edit] *  top↑
hgさん、

今頃になってあの髑髏はすべて私たちのご先祖様で、その歴史の上に私たちは生かされているのではないか・・・などと感じています。

あの五百羅漢さまはこんどの大震災を一番に援助してくれたカタールに感謝して2012年にドーハで発表されましたものとのことです。
From: ik * 2016/03/03 21:38 * URL * [Edit] *  top↑
t-tさん、

美術の中でも現代アートはあまり好みではないのですが、触れてみてその迫力に圧倒されました。

未知のものに触れることも大事だなと思いました。
From: ik * 2016/03/03 21:41 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん、素晴らしい!!

実は、私は昨年11月に見てきました。
写真もイッパイ撮って来たんですが~
なんだか莫大なページの投稿になりそうなので
お蔵入り~です。

主人は、買って来た五百羅漢の豆本を
広げて大きな台紙に貼っていました。

子供の頃「🎶 ラカンサンがそろったらまわそじゃないか ヨイヤサノヨイヤサ~♬」と言って遊んだことのあるゲームですが
羅漢さんが、何者なのかは、昨年高野山に行ったときに改めて知りました。

宿坊の廊下にあった五百羅漢図の方が
愛嬌があって、好きです。

村上隆の名を初めて知ったのは「ルイ・ヴィトン」が村上隆とコラボレーションとして発売した「モノグラム・マルチカラー」ラインです。
なんだこりゃあ~の漫画チックな雰囲気はあまり好きではありません。

しかし、美術館の床から天井いっぱいに・・・
長く高く掲げられた五百羅漢図は圧巻でしたね!!

私には、纏められず~見なかったことにしちゃいましたが
ikさんに拍手です。


From: monalisa * 2016/03/03 22:37 * URL * [Edit] *  top↑
うわぁ~~~~

なんというか・・・すごい!

ひゃぁ~~~v-12

去年の秋、新国立美術館に行ったときに
このポスターを見て
(五百羅漢が好きだから行ってみようか)と思ったんだけど

行かなくて正解だった・・・というのが実感です。
外国で人気があるというのもうなずけますね~。
でも
デフォルメした達磨大師の絵はなんとなく好ましいんですよ・・・。
From: 冬のデコポン * 2016/03/03 23:44 * URL * [Edit] *  top↑
monalisaさん、

そうですか。昨年いち早く見にいらしたんですね。本当に盛りだくさんの作品をカメラには収めましたが、さぁ、どうやってまとめようと思うと・・・村上隆さんの思いが伝わったかどうか・・・・

京都のお寺のあちこちに石仏で羅漢さんが
おいてありましたが、もう少し穏やかなお姿で・・・今回のものは強烈です。これが村上隆ワールドなんでしょうね。

ルイビトンのあの白地のデザインは
「ふざけてる!」って感じで私はあまり好きじゃぁないわ。今までとガラッと変わったのでもてはやされたのかしら…

ともかく現代アートは理解が難し・・・
From: ik * 2016/03/04 08:01 * URL * [Edit] *  top↑
冬のデコポンさん、

全く現代アートは理解しがたいものです。

芸大の日本画科の院まででて、博士号までとっているようですが、進むとこうなるんですね。

館内のビデオでご本人の姿を見ましたが、
年代が進むにつれて結構おいしいものを召し上がったのか、かなりでっぷり(他人さまのことは言えませんが…)
芸術家って気難しく痩せているなんていう観念がある私には、売れっ子になって太っちゃった姿はあまり好ましくありませんでした。なんて、勝手ないい分です。
From: ik * 2016/03/04 08:10 * URL * [Edit] *  top↑
観に行きそこなった~~!!
先週アップされていたのに、全然見ていなくて、今初めて見て、わ~~行きたい!と思ったら、もう終わっていたのね~~;
村上隆さんの作品は、以前何回かTVで観た事があって、そのカラフルな作品で、何だか元気になれる様な気がして(元気がないわけではないけれど)機会があったら、 観に行きたいと思っていたので・・・ 
常人には無い発想の作品(美術でも、踊りでも)を観ると脳内が活性化される気がして・・ 私は好きなんです。
From: manamana * 2016/03/08 09:48 * URL * [Edit] *  top↑
いや~ぁ、独特の雰囲気に圧倒されました。

五百羅漢さまの表情は世俗的にも見えるかと思えば、
髑髏は足の短いタコかゲームのキャラクターのようでもあるし…
モチーフといい色彩といい、足を一歩も二歩も引いてしまいそうです。

五百羅漢図展のことは何かの広告で見ましたが、
行きたいとまでは思っていませんでした。
自分の好み以外の物にも目を向けるって大切ですね。
ちょっとだけ、脳が活性化したようです(*^^)v


From: あんある * 2016/03/08 21:04 * URL * [Edit] *  top↑
manamanaさん、

えっ!
こういうのありですか?
確かに元気になるかな・・・・

私には理解不可能な世界かもしれない。
脳内が活性化することはあるかも。錆びさせちゃ後退あるのみですものね。
From: ik * 2016/03/09 15:12 * URL * [Edit] *  top↑
あんあるさん

久しぶりのコメントありがとうございます。

《1歩も2歩もひく《・・という感じわかります。この世界にはだいぶ隔たりを感じてしまいます。
年齢でしょうか、好みでしょうか・・・

でも、脳の活性化のためには確かによいです。刺激は受けました。
From: ik * 2016/03/09 15:16 * URL * [Edit] *  top↑
もう一度コメントさせて下さい。
私は、いつも ワッ凄い!とか、不思議!とか 面白い! というものを見るのが好きなんです。 だから頭では理解不可能でも、感性で好きか嫌いかを決めるんです。
芸術は理解するのではなく感じるものだと信じているので・・・
村上隆さんの絵は、好きというより嫌いでは無いと言う程度ですが・・・
生意気な事を言ってすみませんm(--)m
From: manamana * 2016/03/10 09:21 * URL * [Edit] *  top↑
manamanaさん

再びのコメントありがとうございます。
嫌いで
はない・・・という感じね。
今はやりの言葉で表すと「びっくりポン」なことにひかれるのね。

そういえば動画で見ましたが、土屋太鳳さんのダンスパフォーマンスは見ましたか?
なかなか面白かったです。しなやかな肢体が魅力的でした。
From: ik * 2016/03/10 16:38 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード