バロック音楽を楽しんでいるお仲間と古楽器の演奏を聴きにいきました。
山手にある聖公会の教会が会場です。

みなとみらい線の元町・中華街駅を元町方面の出口に出ると

DSC04810 (640x427) 

アメリカ山公園があります。そのまま進むと洋館の先に

DSC04812 (427x640) 

石造りの山手聖公会のチャペルがそびえています。

DSC04813 (640x424) 

チャペルは160名ほど入れる広さで、コンサートのために17世紀に作られた
チェンバロが置かれていました。

DSC04815 (640x427) 

普通の鍵盤楽器と違って白い鍵盤が黒く、黒いところが白い逆の作りになって居ます。
演奏前も、休憩中も何度も調律師が念入りに調律をします。

プログラムはヴァイオリンとチェンバロによるモーツァルトのソナタでした。
ヴァイオリンは弦が天然のガット弦でした。ガット弦というと
テニスのラケットのガットを想像してしまいますが、思ったよりも繊細で
よい響きでした。

モーツァルトは入りやすく、それでいて奥が深く、静寂な聖堂に
流れるハーモニーに魅せられた1時間30分でした。



02/07|コメント(10)TOP↑
この記事にコメント
ikさん
ikさん おはようございます。
まぁ、またまた素晴らし時間をお過ごしになられましたね。
音楽や楽器の事、全く解りませんが (ρ_;)
「17世紀に作られたチェンバロ」様は、重要文化財とか国宝級ですか?
随分と貴重な楽器なんでしょうね。

教会も縁がありませんが「石造りの山手聖公会のチャペル」厳かな雰囲気を感じます。
教会でのコンサートの模様も初めて見せていただきました(o^-^o)
From: t-t * 2017/02/08 09:01 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん お早うございます。

石造りの素敵な教会での演奏会、いいお時間でしたね。
私など全然古楽器等の事解りませんが、
ikさんは楽器演奏のプロ並みの腕前・・・・
素晴らしいひと時だっとお察しいたします。
チャペルの雰囲気も荘厳で身が引き締まりますね。
From: hg * 2017/02/08 10:01 * URL * [Edit] *  top↑
t-tさん、

たまたま横浜市の広報を見たということでお誘いがかかり、月一でバロック音楽のアンサンブルをやっている友人と出かけました。

明日がその練習日なのですぐ会うということで、演奏が終わったらお茶もなしでわかれました。あっさりしたお付き合いでしょ?
From: ik * 2017/02/08 13:00 * URL * [Edit] *  top↑
hgさん、

横浜も久しぶりというわけでもなく、
駅から会場へ直行、そして直帰でした。

チェンバロってどっちかというとピアノよりも乾いた音っていうイメージでしたが、
今回の楽器はピアノの音とそう違わないものでした。

高校まで通っていた学校が聖公会だったので、チャペルの様子もどこか似通った感じがしてすぐになじみました。
From: ik * 2017/02/08 13:06 * URL * [Edit] *  top↑
私は、小学校2年から中学2年までの6年間
お琴を習っていたので
弦楽器には、特別な感慨があります。

チェンバロの何故か物悲しい響きが
このパワー満載の私の心に刺さります。

ikさん、素敵な時間を持ちましたね。
From: monalisa * 2017/02/09 01:08 * URL * [Edit] *  top↑
ikさん

教会と言えば ikさんの聖地かしら?
素敵な教会での演奏会でしたネ!クラッシックギターとは全然違うと思いますけど、譜面はどんな感じ?モーツアルトと言えばセレナーデ位しか知りません(^o^)
素晴らしいひと時でしたネ、
余談ですが
私の従妹が「チェンバロ」奏者なの、プロとしてなぜかオランダで頑張っているようです。
日本ではそんなにメジャーな楽器ではないのネ!ちなみに「家喜美子」といいます。CDも出しているようですが・・・・
From: RN * 2017/02/09 09:41 * URL * [Edit] *  top↑
monalisaさん、

お琴、いいですね!私は和楽器は全く習ったこともないので、あこがれます。

三味線は叔母が弾けたので、一度越後獅子をいたずらに弾いたことがあります。踊りをやっていたのでメロディーは知っていたので、手探りで音を探し弾いてみました。
今、何かといわれたら太棹の津軽三味線を弾いてみたいです。
From: ik * 2017/02/09 19:24 * URL * [Edit] *  top↑
RNさん、

今日は寒いですね。月一のバロックの練習日でしたので横須賀まで行っていましたが、雪がちらちら舞って、積ったら大変と、昼過ぎに早々に帰ってきました。

この音楽会にいった仲間で、今日はおひるごはんを食べながら、 たっぷりとおしゃべりしてきました。
From: ik * 2017/02/09 19:27 * URL * [Edit] *  top↑
チェンバロの音って大好きです🎶

17世紀に作られたチェンバロですか!
よく今日まで持ちましたよね~。
どんな音色なのかしら。
聴いてみたいです。
From: 冬のデコポン * 2017/02/11 18:07 * URL * [Edit] *  top↑
デコポンさん、

コメントいただいたまま、返信もせずごめんなさい。

このチェンバロの音はどちらかというとピアノの音に似ていました。私の認識だとチェンバロはもっと金属製の音と思っていましたが…

演奏の前後調律師の方が念入りに調律をしていて、一生懸命楽器にご機嫌伺いをしているようでした。こういう念入りなお手入れが、古楽器を現在まで生かしているのでしょうね
From: ik * 2017/02/19 08:49 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード