お彼岸前、まだ桜が咲かないうちに皇居を一周するウォーキングに誘われ
果たして歩き通せるだろうかと不安いっぱいで出かけました。

お仲間は気心の知れた高校時代の友達プラス、このウォーキングを企画してくれた
友人の友人、男女取り交ぜて15名。
あさ10時少し前に地下鉄九段駅に集合。神奈川県から参加する私は集合場所に
行きつくまでに1時間半ほどかかって居ます。
DSC05360 (640x427) 
春めいて上着なしで歩けるほどの陽気で絶好のウォーキング日和。
いざ出発。
見学場所を示した地図に従い歩き始めます。

DSC05362 (640x405) 
田安門をくぐり北の丸公園を少し散策。

DSC05366 (640x427) 
高さ11mの花崗岩でできた天守台を上るとビル群が見えます。何度も建て替えられた天守も
明暦3年の大火で焼け落ちた後はこの天守台のみ建立され、城下の復興のほうを優先して
天守閣は建てられず現在に至って居ます。

DSC05367 (640x427) 

北の丸公園で見かけたミツマタの花。

DSC05368 (640x405) 
内濠にかかる平川門前の木製の橋。和田蔵橋とこの平川橋の二つだけが江戸時代の木橋
として現存しています。いかにも時代劇で出てきそうな風景ですね。

DSC05370 (640x427)

お濠の外側に出るとおなじみの気象庁、



 DSC05371 (640x427)
東京消防庁、毎日新聞社のビルなどが見られます。

DSC05375 (640x427) 
ちょっと道を入り平将門の首塚にお参り。この首塚には伝説的な「首塚の祟り」というのがあり
関東大震災後、これを粗末にするとそれにかかわった人たちに病人や死人が出るということが
次々と起こり今でも手厚く守られています。

ランチは和田蔵噴水公園にあるパレスホテル経営の人気の噴水レストラン(要予約)で。
たっぷり1時間半のランチタイムです。シェフが切り分けてくれた厚みのあるローストビーフ
がとてもおいしかったです。ビュッフェスタイルで「食べすぎないよう」と自分に
言い聞かせて・・・

左手に東京駅を見てしばらく食後のはらごなしとせっせと歩きます。

二重橋を過ぎると桜田門。私の大好きな刑事もののTV画面でおなじみのこの東京警視庁
のビルが見えてきました。

DSC05379 (640x417) 
行く手左側には国会議事堂が見えました。

DSC05385 (640x427) 
薄いピンクのカンザクラが満開です。

DSC05388 (640x427) 
三宅坂を回り国立劇場を左に見ながらお濠と少し離れ「平川天満宮」へ。

DSC05387 (640x427) 
撫で牛。ご利益をいただきたくて撫でてきました。

またお濠に戻り千鳥ヶ淵公園を通り集合した九段下に戻りました。
千鳥ヶ淵は後1週間もするとお花見の客でとんでもない混雑になります。
九段下の「Cafe Miel」でおいしいコーヒーとケーキをいただき
疲れた足を休めました。

電車を乗り継ぎ帰宅したら何と万歩計が

20、167歩

今まで万歩計で計った中で最高値です。
平らな道で、皆同級生なのでゆっくりとしたペースで歩いたので
あんまり歩き慣れていない私でも楽しんで歩けました。
歩くことに
自信がもてました。次のイベントへのお誘いが楽しみです。












03/23|コメント(12)TOP↑
・・・というほどのものでもないのですが
DSC05332 (640x427) 
立ち寄った園芸店に野菜のコーナーがあり昨年友人から苗をいただいて楽しんだのを思いだし
サニーレタス(紅色 とグリーン)それとベビーリーフの苗を買いコンテナ―に植えつけました。

DSC05331 (640x427) 
4隅と中央に割り箸をたてました。

なぜかというと苗を購入したころは2月でまだまだ寒さが厳しいころで園芸店の方が
「夜は覆いをしてあげないと霜でダメになる」と注意してくれたので

DSC05330 (640x427) 
夕方からこのように2枚の新聞紙で覆ってあげました。われながらいいアイデアだと思っています。

今では霜も降りないようだし苗も環境になれたので夜ごとの覆いはやめました。

朝起きると生野菜のサラダを作る日には

DSC05336 (640x427) 
数枚の葉をちぎってきます。新鮮そのもの!

DSC05333 (640x426) 
そして、もう一品友人に勧められて一度食べた豆苗の根を水を入れた容器に入れて
待つこと1週間。このように2度目のご奉公。室内なので色は薄めですが
サラダに加えます。

DSC05337 (640x416) 
9品目のサラダの出来上がり。

DSC05338 (640x428) 
午前6時、我が家の朝食タイムの始まりです。

種から育てるのはなかなかですが、こんな簡単な野菜作りならまた違うものを育てたくなりそうです。
新鮮で柔らかくて無農薬、最高です。

03/09|ガーデニングコメント(10)TOP↑
 

3月に入り、冬眠(?)状態だった友達からランチのお誘いがあり
さっそくハワイアンん仲間の4人で出かけました。

鎌倉大塔宮から左に折れて超狭い路地を少し行くと右手に
「米倉」はあります。
ともかく狭い路地で腕に覚えがあり、かつコンパクトカーで
なければ、ガードレールもなく道の片側は堀がある鎌倉の路地は
運転できません。難しいところを難なくクリアして
友人が案内してくれたこのみせは昼はなかなか予約が取れない
名店です。

お話上手な若い板長さんの前のカウンター席で至福のひと時を過ごしました。
KIMG0159 (463x640) 
桃の蕾が添えられた前菜。白魚の姿上げ、ウドのてんぷら、手毬姿の五目ずし
タコ、きんかんの甘煮、蕗みその添えられたイカの刺身など八寸に所狭しと
並んでいました。

KIMG0162 (464x640) 
お造りはふぐ、白子、バイガイ。右の小皿は場所は忘れたけれど
有名な海水にお酢、天塩、梅干、酒などを煮詰めたもの。
さっぱりとした塩味でお刺身が引き立ちました。

KIMG0164 (463x640) 
何年ぶりでしょう!サワラが入ったかす汁。下戸の私は
いただいた後すぐに体がホカホカ、顔もうっすらとピンク色。

KIMG0165 (462x640)

酒盗で下味をつけた車エビが二匹。左の黒い石は温石。

KIMG0166 (462x640) 

エビを乗せるとほどなくいい香りがしてきて色が変わります。
両面を焼いていただきましたが、その香ばしいこと!
残してあったエビの尻尾も「焼いてめしあがってください」
といわれ、その通りにしたら、カリカリとして磯の香りが満載。

この後供された赤鶏の炭焼きとカンパチの焼き物はあまりにおいしそうで
写真も撮らずにむしゃむしゃ。

KIMG0169 (419x580) 
酢のものはホッキガイとホタテ貝、鎌倉の採れたて春ワカメが
そえられていました。濃厚な赤鶏の後さっぱりとした口当たりで
最高。男性はお酢のものが苦手という話題で湧きました。
なぜなんでしょうね。

KIMG0170 (462x640) 
日頃から小食の一人はこんなおいしい1品をパスしてしまいました。
かつら剥きにした大根に豚バラ肉を巻き込み、かき、湯葉とともに薄味で
炊いてあります。添えられていた緑は三つ葉。少々おなかがくちくなって
いましたが、薄味のお出汁もおいしくて飲み干してしまいました。

KIMG0172 (461x640) 
「うわっ、これだけ?」と量が少ないと思った〆のざるそば。
いただいてみると、なんの、なんの結構の量があり
甘めのそばつゆもおいしくつるっと完食。

KIMG0173 (463x640) 
デザートはモッツアレラチーズのカプレーゼ。イチゴと合わせてありました。
チーズの上にかかっていたのはちょっと聞き漏らしました。

おしゃべり好きの板長さんのうんちくを聞きながら、4人のおしゃべりも
続き、そしておいしいお料理を口に運びゆっくり2時間半、ひなの膳を
堪能しました。ちょっと贅沢でしたが、たまにだから・・・・


03/02|コメント(12)TOP↑
DSC05309 (640x427) 
新しい住まいはN大キャンパスにより近くなり、
暖かな日差しに誘われ一時間ほど散歩しました。
もう桜が咲いているという友人情報をたしかめに現場に。

確かに早咲きの桜が咲いていました。
これは河津桜とは違う種類の桜ですね。

DSC05310 (640x427) 
これは紅梅。満開でした

DSC05314 (640x427) 
白梅は紅梅よりももっと香りが強く胸いっぱい吸い込みました。

DSC05316 (640x427) 
枝垂れ梅も三分咲き。

DSC05322 (640x427) 

梅の向こうの南国を思わせる樹はいかにも湘南ポイでしょ?

DSC05327 (640x427) 
水仙も穏やかな陽を浴びて気持ちよさそう

DSC05328 (640x426) 
クリスマスローズはもう花期の終わりかしら・・・

DSC05329 (640x427) 

庭園の出口に鮮やかな赤い葉っぱが。あとで調べたら「オタフクナンテン」とわかりました。

キャンパスを一巡りして家に帰ると小一時間。格好のお散歩コースです。
日頃の運動不足解消にもっと頻繁に足を運ぶといいかなと思っています。
02/26|コメント(10)TOP↑
あっという間に新年もひと月が過ぎ明日はもう節分です。

1月の中旬に引っ越しをしました。
後期高齢者の引っ越しはかなりエネルギーを使います。
ぎりぎりセーフという感じです。

DSC05306 (640x427) 
かわいい靴下でしょう?
これはかの有名な引っ越し業者サ〇イ引越センターのロゴマーク入りです。

娘も弟も親しい友人もこの引っ越し業者だったのと、見積もりも納得したので
決めました。

そして当日、イキのいい若者が5人ほど来てくれて、さすがプロ集団。あっという間に
荷物を積みこみます。その時メンバーのみんながはいていたのがこのソックス。
「かわいいですね。ひょっとして引っ越しをお願いした私たちにもいただける・・・?」
なんておばさんの図々しさ丸出しで言ってしまいました。
「・・それはないです。」といわれてしまいました。

ところが、引っ越しが終了してスタッフと挨拶をした時に一人の人が
ポケットからこれを出して「プレゼントします」というのです!
メンバーに支給されるのではなく買取りということは聞いていました。

さかのぼること〇時間前。居間にあったテレビを動かそうとしていた一人の人が
ちょっとたどたどしい日本語で「奥さん、コレ・・・」と話しかけてきました。
そばにいた夫が「どちらからいらっしゃったのですか?」と尋ねると
「ブエノスアイレス」との答えだったので思わず「ブエノス・ディアス」と
挨拶をしてしまい、夫も少ない語彙の中から「今日はいい天気で・・・」
みたいなことをスペイン語でしゃべったのです。破顔一笑そのまま
とてもいい笑顔で日本に来てもう7年になるといってました。

その時の<ブエノスアイレス男>がプレゼントの主です。
多分お国言葉で話せたのがうれしかったのでしょう。
パイルで厚手なのでこの寒さにはうれしくご愛用しています(笑)

02/02|日々雑感コメント(14)TOP↑
プロフィール

ikukoba

Author:ikukoba
アンダンテへようこそ
ギターを弾いて免疫力アップ

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログに散る桜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード